2012年2月7日火曜日

歯科医院での定期健診

咬み合わせは日々変わります。

そこで、定期的な咬み合わせのチェックや、レントゲンによる診査が重要になります。

治療終了後そのまま放置してしまうと、インプラントに過負担がかかり、
かぶせ物が破折したり、歯周病が急に進んだりすることがあります。

また、普段の歯ブラシでは落としきれない汚れを、歯科医師や歯科衛生士が掃除をします。
それにより、インプラントの周りの骨が、病気(歯周病の状態)になることを防ぎます。


0 件のコメント:

コメントを投稿