2012年1月7日土曜日

インプラント

歯を抜いて間もな時には、ご飯が多少食べづらくなります。
ご飯が食べられないわけではないですし、しばらくすると慣れてくると思います。

しかし、歯というのは、1本無くなることにより、その負担が他の歯にかかってくるのです。
つまり、将来的に他の歯がダメになる可能性が高まります。

そのためにも、そこを何らかの形でカバーしてあげないといけません。
その治療法の中でベストな方法がインプラントです。

インプラントとは人工の根っこを骨の中に埋め込む治療法です。
その上に土台をいれて被せ物をするという治療です。

他の歯(横の歯)に迷惑をかけることなく、今までと同じように咬むことができます。

インプラント治療が確立する前までは、大きくわけて2つの方法がありました。

そのうちの1つが、ブリッジといって、
抜いた歯の前後の歯を削って橋渡ししてあげる方法があります。

この治療は結構噛めますが、汚れが溜まりやすく、お掃除がしにくく、
健康な歯も削らないといけないのであまりおすすめできません。


もう1つは、留め金をつけた取り外し式の入れ歯です。

髪の毛1本入っても気持ち悪いお口の中に、入れ歯を入れるということは
気持ち悪いです。
慣れが必要なのと、他の2つの治療と比べて咬みづらいです。
総入れ歯ですと、咬む力が元の4分の1以下になるということがわかっています。


この2つの方法と比べると、インプラントは、ほとんど自分の歯と変わらないぐらい
食事をしたり、会話を楽しんだりすることができます。

あと、みなさん心配されていることは、手術をするという事だと思います。

手術と言っても想像しているような大変なものではなく、
3時間ほどで終わりますし、治療中は麻酔薬を点滴でいれることにより、
ほとんど寝ている状態で起きた時には終わっています。

入院の必要もないですし、その日のうちにご自宅に帰れます。

ただし、術後は少しお薬が残っているせいか、少しふらついたりする場合が
ありますので、車や自転車の運転は控えていただき、
可能であれば付き添いの方に来て頂くとより安全です。

治療後ですが、傷口を治そうと血液がたくさん集まってきますので、
腫れるのと、痛みは必ずといっていいほどでます。

ですが、
これに関しては時間が解決する部分なので、落ち着くまでの間の痛みは、
お薬で、腫れもなるべく抑えるようにお薬をだします。

ピークは、だいたい術後の2日後なので、そこから徐々に良くなっていくと思います。

治療期間ですが、インプラントを埋めてから、骨に根付くまで約3ヶ月かかります。

根付いたら、一度頭を出し、歯茎の形を整えるための上物をインプラントにとりつけます。

早い人で、2週間ほどで歯茎がきれいになるので、
次は被せ物をつくるための型取りを致します。
それを元に技工士さんが土台を作り、かぶせ物ができあがってきます。


0 件のコメント:

コメントを投稿